結婚前にテンション下がっちゃってる男。その1~なぜか女性に嫌われる!?結婚できない男の一例~




「ねえ、由紀ちゃんの彼氏の大木さん、
大丈夫なわけ!?」

ん??なに?

お友達の聖花さんからの突然の言葉。
in「すみれ」(知り合いのママさんがやって
いる、私たちのたまり場の飲み屋さん)にて

由紀さんていうのは、聖花さんとの共通のお
友達。(同じくすみれの常連)

「大木さん、ホントに結婚する気あるん
だよね!?なんかテンション下がってたん
だけど。」

えぇ~~~!??

 

お互いマジに好き合っての真剣交際。からの
もうすぐゴールインです!結婚目前です!
なんて、

人生の春!お花畑の中で上からは桜の花びら
降りそそいじゃってます!
みたいなイメージの時だっていうのに、

 

なぜか男のほうがテンション下がっちゃって
る。。。

 

なんでよ!!
私と結婚するのがイヤになったの!?

 

女からしたら不安になるよね。

 

じゃあもういいよ!
やめる!?やめればいいじゃん!!私と結婚
するの!!怒泣

 

なんて、こじれちゃったり。。

 

こういう時の男心はなんなのか?

桜舞う花畑には場違いなテンションになって
しまった男の心理について考えてみたいと思
います。

だけどこの話をするにあたって、2人(特に
大木さん)の紹介をしたいんだけど、
この大木さんが曲者で。笑

いわゆる、目に見えては問題ないのに、

「なぜか女受けが悪い」
「なぜか結婚できない」男

なんです。

モテないっていうと生易しい。
女からの評判がすこぶる悪い。

なので、メインテーマに入る前に大木さん達
の紹介もかねて、サブテーマ!
「なぜか女に嫌われる!なぜか結婚できない
男!の一例」
って感じでお話していこうと思います。

 

散々な前振りな大木氏。(笑)

でもだからこそ、私たちからしたら大木さん
に彼女ができたことにもビックリしたのに
(笑)、
ここに来てテンション下がってるぅ!??
あなたにとっては奇跡の春でしょ~がぁ!!
(失礼)
どーいうことじゃぁ~!??

となったわけ、でもあるんです。

 

では早速まいりましょう!

 

まずざっくり状況説明。

大木さんは、私たちと同じく「すみれ」の常
連さんで、
そこで居合わせた由紀さんに一目惚れ。
なん~やかんやあって無事に?交際に発展。

由紀さんは38歳、バツ1のシングルマザーで
、現在実家に戻ってご両親と娘2人と賑やか
に暮らしている。

お子さんのことを1番に考えたいという由紀
さんに「全てを受け止めるよ」「10年でも
待つよ」なーんて言う大木さん。

ここだけ聞くとめっちゃいい男!
よ!大木!いいよ!頑張ってるよ!笑

まぁつまりはベタ惚れだったんです。

「いずれお嬢さんたちの学費だって面倒みる」
とまで言ってくれて(今11歳と16歳)

そんなで現在、結婚を前提にした真剣交際。
婚約者!ていって良い間柄。

 

そして大木さん。現在47歳。

収入もそこそこ高く、安定したサラリーマン。

見た目も背が高く細身で、イケメンとかオシャ
レとかではないけど、決して悪いというわけ
じゃない。清潔感もあると思う。

そして本人も、今まで結婚願望がなかったわけ
じゃない。

じゃあ何で40代後半の今まで独身だったのか?

 

原因は1つ。

 性  格  ぅ ーーーーーー !!

 

「悪い」っていうんじゃない。
いうんじゃないっていうかしっくり来ない。
そんな一言じゃ表現できない。

 

だいぶ前だけど阿部寛のドラマで「結婚でき
ない男」ってありましたよね。

勿論あんなにクセは強くないし、面白い変わ
り者ってわけではなくて。
もっとわかりずら~~い感じなのだけど。

へ~。世の中にはそんな感じで独身な男もい
るんだぁ。くらいな感じできいてもらえると
嬉しいです。

 

まず言えるのは、さっきも書いたように女性
からの評判がすこぶる悪い。

由紀さんが大木さんに見初められたとき、周
りの女性陣のコメントは

「 気 の 毒 」

ひどーい(笑)

 

言われてる本人が一番気の毒だってね(笑)

ごめん!
もちろん私も同じ意見でしたけどね!(笑)

 

私の場合は、最初はほんとフィーリングだっ
た。
なにがイヤって訊かれてもわからなかった。

なんで???これが生理的にムリってやつ??
べつに見た目とか普通なのに!

って。

フィーリングの説明としてはどこまで伝わる
か分からないけど、
私が大木さんとの初対面のときの事をお話し
て、第1話はいったん終わりますね。

 

初めて会った日。
私は一人すでに「すみれ」にいて、そこに大
木さんが一見さんでお店に入ってきた。

すみれって実は、ママさんが「変な人が入っ
てこないように」って予防で、一応『会員制』
って看板を掲げてる。

だからお客さん同士が大体常連さんで顔なじ
みなんだけど。

そこに1人でずかずか「いいかな」とか言いな
がら、ママの返事も待たずに入ってきた。

その時点でちょっと、「図々しい」「無礼」
みたいな印象は、無意識レベルできっと感じ
ていたと思う。いま思うとね。

席についてから、
ママと話していると私にも、向こうから挨拶
に声かけてくれたんだけど、
ここからははっきりイラっとしたの覚えてる
(笑)

お名前訊いても答えない。

お仕事訊いてもはぐらかす。しかもちょっと
迷惑そう。

 

なんでだよっ!

べつにこっちだってそんな興味ねーわっ!
会話の糸口で聞いただけじゃん!
てかそっちから話しかけて来たんだろーがぃ
!!

 

って。(笑)

 

ただ、当時はほんとに解らなくて腹立たしい
だけだったけど、
今になっておそらくだけど解った、大木さん
のこの時の気持ち。

ちょっと余談になってしまうけど、

世の中には「飲み屋さんでは仕事のこと、自
分の素性は話したくない。お店で出会った人
の素性も知りたくない」って感覚の人が結構
いるらしい。

その場の雰囲気、ノリだけ楽しみたい。
仕事や日常から離れたい。
素性を明かしあうと思い切り酔えない。実は
利害関係のある相手かもわからないし。

おそらくそんな理由だろう。

私は知り合いのママがやってる、常連さんば
かりの「すみれ」以外で飲むことはほとんど
なくて。
だからその感覚は無いし、知らなかった。

そーゆー感覚でよく飲み歩く人にとっては、
暗黙のマナーなのかもしれない。

つまり、
この時の大木さんからしたら、私はズケズケ
訊いてきやがる、KYでマナーの悪い女で。
向こうもイラっとしたのかもしれない。笑

私と同じくこの感覚ない人はご注意あれ。

とはいっても、そんな頑なな人はほとんどい
なくて、大体「わざわざ話さないけど訊かれ
ればこたえるよ。それもその場のノリでしょ」
くらいの人がほとんどだと思うけど。

 

話を戻して。

しかし!そんな感じで大木さんが私にイラっ
としていたとしても、仮にも会員制と書いて
あるお店に強引に入ってきて!それでその態
度はやっぱり失礼だと思うわ!

仕事はともかく、苗字くらい答えりゃいいじ
ゃん!!

 

て、、

思い出した過去にもいっかいイライラし
てる場合じゃなくて!

ちがうの!言いたいのはこんな事じゃなくて!

 

ひと言でいうとね、
相手が大木さんじゃなければこんなに嫌悪感
ともいえるフィーリングは感じなかったと思
うの。
同じことをされたとしてもね。

 

どういうことかと言うと、

こんな些細なやり取りで、なんで私がこんな
に不快感持っちゃったと思います?

未熟だからとか、心狭いんじゃない?って意
見は置いといて。笑

 

答えはね、

「何をした。何を言った」
じゃないんです。

「どうやった。どう言った」
だと思うんです。

そのセンスが絶望的に悪いんだよ。
大木さん。

 

逆に人に好かれる人、人の心を掴むのが上手
い人って、そのセンスが凄く良い。

空気を読む力、気持ちを察する力とかも含ま
れるとは思うけど、

「結構ひどいこと言われてる気がするけど、
あの人に言われるとなぜかムカつかない」

「同じことでも、あの人が言うと説得力があ
る」

とか。
センスってひと言でいっても厳密にはきっと
多種多彩だと思うけど。

でも「センス」っていうくらいだからそれは
感覚的なもので、計算とは違うので、良い人
はさほど無理なく自然に出来てしまう。

 

良いよね。
センスが無くてモテない男の話より、どうし
たらセンスが良くなるかの話のが聞きてーよ!
って感じだよね。笑

でもその為にも、宜しくない例を知るのは重
要だと思うんです。

 

他者は己の鏡。

 

他者から何かを感じ取るっていう経験を積ん
で、己をレベルアップさせていくしかない!

だけどちょっと意識を変えたり、「どうして
この人はー」って想像力を使って考えるよう
になれたら、

1感じ取ってたことが、同じことから3感じ
れたり5感じれるようになるかもしれない。

人の輪に居れば大なり小なりみんな当たり前
のようにしていることでもあるんだけど。

でもそれは当たり前ではないのかもしれない。

 

大木さんの場合、
人の輪に居ながらも心を閉ざすことによって
無自覚のうちにレベル上げを放棄してしまっ
たのかもしれない。

自分の鏡に暗幕をかけて、他者の鏡にも暗幕
ばかり映っていたのかもしれない。

 

いやぁ。実はね、私にも、過去にそんな時期
があったんだよね。

10代の数年間。他者とうまく付き合えない
傷つくのが怖い、つって。本来は人との付き
合い方を学び身につける大事な時期に、暗幕
かぶって逃げてしまった。

私の場合は過去のその時期を経て、その経験
から人の心理だとかに興味を持つようになっ
て、
今こんなお仕事をしているように思う。

 

けど大木さんの場合、暗幕のキッカケも時期
も分からないけど、そのまま長い時間過ごし
ちゃって、被ってる状態がデフォルトになっ
ちゃったんじゃないか。って気がする。

 

おそらくそれが、初対面の些細なやり取り
から感じた私のフィーリングにつながるの。

心を閉ざされている。
よくわからないモノや未知のモノには、自然
と警戒心や不快感が沸いてしまうってね。

親近感と逆の原理だよね。

 

だけどね、そんな大木さんが、由紀さんに出
会えたことで少しづつ変わっていくんです。

それなのにさらにその先に、
「花畑でうなだれている大木さん」がいる。

 

どうして???

 

どーでしょう。ちょっと興味沸いて来てくれ
たら嬉しいけど。(笑)

 

とりあえず第1話まとめ!

 

スペック良くても、モテない男の一例!

「センスがひどく悪い」(美的センスじゃないよ!)

 

じゃあセンスを磨くには??

怖がらずに人の輪のなかで、意識して他者の
鏡を見て、レベル上げにはげもう!

 

言うは易しだけどね。

私も頑張りまーす!!汗

ポチッとお願いいたします♪

女の本音・女心ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

ブログ内のイラストがLINEスタンプで使えるよ♥
↓↓↓コチラからショップをチェックしてね♥
LINEスタンプ販売中
LINEスタンプ販売中




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください