結婚前にテンション下がっちゃってる男。その3~破滅的センスでお誕生会を自爆テロ・前編~




こんにちは。櫻綾乃です。

昨夜、久しぶりにすみれに行って遊んで来ま
した。

 

やっぱり人って面白い!!

 

昨夜は運良くも、人間分析やら観察やらを、
ごく自然~にやってるようなタイプの人が
集まりまして。

 

その場にいる人、いない人の内面やら男と女
の心理についてやら、あーでもねーこーでも
ねー言ってるのはこんなに楽しいものかと。(笑)

 

言っておくけど悪口とかじゃないよ!
かといって褒めてるとかでもなく。

ただただ、見えない内面について、自分たち
にとっての事実、を語るの。

 

それがとっても面白くて。

私の漆黒の玉は、本当はこんなにも、他者と
の共有を欲していたのかと。

 

さてさて、ではでは第3話!

本編行きますよっと。

 

 

暗幕をかぶり続けて他者の鏡もよく見えない
まま、
おセンス磨きもレベル上げも放棄気味に、
心を閉ざし続けてきちゃった大木さん。

 

コミュニケーション力に自信がない、自分を
他者に開放することができない。

ゆえに表現がおそろしく不器用で、
知らずに女性に不快感を持たれてしまう大木
さん。

 

そんな大木さんが、
やらかした1番のセンス悪すぎ行動について
お話ししようと思います。

 

「スッペク悪くないのに、センス悪いと女に
好かれませんよ~」
ってお話でしたが、

「センス悪いって具体的にどーゆーことよ?」

って疑問の参考になればと、
大木さんのエピソードを今まで少しずつ紹介
してきました。

 

その真髄というか、

もはや逆に、

「センス悪いとこんな事しでかしてしまうの
かよーーーーー!?!怖ぇよ!!!」

と、

大木さん要素を少しでも持っているのではと
心当たりのある方にも(元暗幕かぶり系女子
の自分ふくめ!)、

客観的にこのエピソードをみて頂きたいです。

 

とはいえノンフィクションなので、そんなに
大きな出来事でもないです(笑)

ハードルを下げてお楽しみください。

 

 

 

その日は例のお誕生会当日。

 

一応ケーキには大木さんの名前も入れてたし、
プレゼントも用意したりしていたけど、

はっきりしない大木さんなのでママも、
「来なければ来ないでべつに構わない」と
いうスタンス。

 

私も他の主役2名の常連さんには例年通り
プレゼントを持って行くので、

大木さんのことだけ無視する訳にはいかない
ってことで(笑)、
ほんの気持ちのものだけ持参した。

 

しかし告知されていた時間になっても現れる
気配のない大木さん。

ママが電話を入れても出ない。

「もういいよ!始めちゃおう!」

結局大木さんなしでお誕生会は行われた。

 

それから3時間ほど経ったころだろうか。
主役の1人の△さんは帰ってしまった頃。

 

常連仲間のKさんが仕事帰りにケーキを持っ
て来てくれた。

「△さん帰っちゃったの?まぁ○○さん(主
役のひとり、女性)のために買ってきたから
良いけど!(笑)」

ケーキには主役2人、△さんと○○さんの名前
が入っていた。

新参の大木さんのことはKさんは知らなかっ
たらしい。

まぁどうせ来てないし。

 

それから30分ほど経った頃だろうか。

一応すみれは24時までのお店だが、多分
23時頃だったと思う。

 

大木さんが現れた。

しかも結構酔っているようで、やたらハイ
テンションで。

 

「え!?ママ!来ましたよ大木さん!
遅いですよ大木さん!」

と杏ちゃん。

 

時間といい酔っ払い具合といい

「なに?飲み会だったの?」

とママ。

 

「まぁね!」

と酔っ払い大木氏。

 

はぁーーーー!???そんなんひと言も
言ってなかったんだろーーー!??

「それならそう言えばいいのに!」

 

しかし今になり思えば飲み会は嘘ではないか
と思う。
ここまで勝手に言っては妄想の垂れ流しじゃ
ねーか?って話だが。

 

根拠は前回の大木さんの、裏の本音の考察だ。

「ほんとは嬉しい…。でも…っ」ってやつね。

 

それにさ、
ほんとに飲み会が入っていたなら「用事ない」
も意味わかんないし。

 

「ちょっと行きたい…。でもな~~~」
って気持ちを抱えた大木氏は、

少し顔出す前提80%くらいの気持で、近く
で飲んでテンション高めていたのではないか
と思う。

 

おいおいっ

よそで酔っ払ってテンション上げなきゃ来ら
れないって!

どんだけお誕生会のハードル高いんだよ!

 

って話だが、前回書いたように大木さんに
とっては初めてに近いことだったと思われる
わけで。

今までの自分の日常から外れた変化は、そわ
そわと落ち着かないものですし。

 

さて、すっかりお祝いムードが終了していた
すみれのお2人は慌てつつ、

「Kさんがくれたケーキ使わせてもらおう!」

と、ケーキに再び火を灯し、カラオケマシーン
でハッピーバースデーの歌を入れた。

 

そんなことをしてる間、大木さんは私の隣の
席に座り、やたらテンション高く私や他の人
にも絡んでいる。
ちなみに座席は横並び一列のカウンターね。

 

数回しか見たことはないが、こーゆー風に
酔っ払って変にテンション高くなっている時
の大木さんは、完全に音が飛んでいる

音が飛んでるっていうのは、劇団に所属して
いるお友達に聞いた役者用語(?)かもしれ
ないが、

 

つまりは発する人の言葉、声が空気弾のよう
なイメージだとしたら、

普通は向けられる人にめがけて放出される物
なのに、四方八方に飛び散ってしまっていたり、
全然違うところに飛んで行ってしまってる
イメージだ。

※こんな風に、焦って
「話変えなきゃ!」なんて思いで、発した言葉なんかは飛びがちですし、イメージしやすいかも。

 

 

 

なぜこのような事がおきるか?

 

心がまったくこもっていないから。(笑)

 

探せば身近にこれやっちゃってる人はきっと
存在してると思うし、誰でもやらかした経験
1、2度はあるかもしれないけど、

 

イメージとして例えば…、
若手でまだ実力もない芸人さんがテレビに出
たとして、

何とか爪あと残したくて盛り上げようとして
るんだけど、

必死さで周りを感じる余裕なく、本人の中は
いっぱいいっぱいで、
テンションと声量だけで、中身も無いまま
出しゃばった感じになっちゃって、

周りの人たちやその場の空気に全然絡めてなくて。

 

「なんかあいつウザーー」とかなっちゃう感じ。

 

 

う~~~怖い(汗)

しかしこの時の大木さんもまさにコレ

 

 

戦闘準備バッチリ!と言わんばかりにお酒で
テンション上げてきた大木さんだけど、

何十年と被り続けた暗幕をかなぐり捨てて、
他者の鏡をよく見るなんてことが
突然出来るはずもなく。

 

お祝いの席、お祝いしてもらうに相応しい
自分を演出してみたけれど、

 

盛り上げる努力のつもりかもしれないが、

 

どーーーしょもない付け焼き刃!!

 

いたい!

イタイのよ大木さん!!!

 

でも思えばこの頃から大木さんは変わろうと
していたのかもしれない。

こんなにイタイ姿を晒しながらも変わろうと
励んだ大木さんだからこそ、

この数年後、由紀さんに出逢えたのかもしれ
ないな。

 

 

さて、ハッピーバースデーを歌いながらも、
ケーキの上のチョコプレートに大木さんの
名前が無いことに気付き、慌ててプレートを
ケーキの背面に隠している杏ちゃん。

歌が終わり、さぁ、ろうそくの火を消して
ください!

「よーし!!」

相変わらずテンションだけで音飛ばしまくり
の大木さん。

 

「ん?」

「あっ、それは…っ」

背面に隠してあったプレートを見つける大木
さん。

「大木さんの名前かいてあるやつはもう食べ
ちゃったから!これはKさんがたまたま…」

「ちょっとーーー!!!どうなってるの!
自分もう帰りますー!!」

 

勿論大木さんなりのギャグだ。

 

しかし私のいやらしい漆黒の玉クンは見逃さ
なかった。

自分の名前だけ無いケーキのプレートを見た
大木さんは、少々傷付いたような、ひるんだ
ようにも見えた。

 

その反動もあってか、

相変わらず飛んだ音、しかもデカイ声で、
ギャグのつもりで駄々をこねるような文句を
言いまくる大木さん。

 

しかし考えてほしい。

 

散々、
何度も声をかけてもらったのに、訳の分から
ない、面白くもない答えで困らせ、イラつか
せたのはおまえだろ、と。

何も用意されていなくても本来文句は言えない。

 

いや、大木さんは一応ギャグで言ってるだけ
で、それはみんなにも分かってたと思う。

だけど、もはや面白くないからとか関係なく、
積み重なったイライラで愛想笑いもしてもら
えない。笑えない。

 

アウェー感が漂いまくりだ。

主役なのに。(笑)

 

いや、みんな大人なので、呆れ笑い、苦笑い
といった表情は浮かべて、最低限の空気は
壊さぬように保っていたけど。

そしてこの空気の中、
さらに大木さんの決定的なセンスの悪さが
炸裂する。

 

相変わらず長くなったので一旦切り
そのまま続けます。

ポチッとお願いいたします♪

女の本音・女心ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

ブログ内のイラストがLINEスタンプで使えるよ♥
↓↓↓コチラからショップをチェックしてね♥
LINEスタンプ販売中
LINEスタンプ販売中




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください