セルフイメージを意識的に書き換える方法 『基本編』①




ご無沙汰しちゃってごめんなさい!!

 

前回良いところで止めたまま…

大変申し訳なく思うわ…っっ汗

本当に焦らすつもりとかは
なかったのだけど!何分、私自身が今
変化の時期なのか、新しいコトが色々起きて
慌ただしくバタついているの!汗

 

 

 

とまぁ言い訳はこれくらいにしてっ、

 

前回から引き続き
『セルフイメージを意識的に変える方法』
についてねっ!

 

 

はっきり言って
ものすごーく価値ある重要なお話よ!

このブログに出会ったあなたは
もの凄く幸運だと思うわ!(いやマジでっ!)

 

 

とはいえ
今から『方法』について書くけど、

とにかく結果的に自分の中での
"自身のイメージ(セルフイメージ)"が
書き換われば良いわけだから、

「結果良ければ~」じゃないけど、

必ずしも「こうやらなきゃダメ!」なんて、
“方法”に決まりはないのよ。

どんなやり方でも書き換えたモン勝ち!

 

実践しながら、最終的には
一番自分に合うやり方を見つけて頂けたらと
思うわ!

 

 

どうしてこんなこと言うかっていうとね、

 

私も基本的な方法を『知識』として
知ってから、
もちろん実践していたけど、

なかなか"感覚をモノにする"っていうの
かしらね?
「知ったことをそのままやっている」
だけのうちは、

なかなかその実感は得られなかったの。

 

まぁ勿論、基本のやり方を知って
それを一生懸命実践していれば
"モノに出来る"方もいると思うけどね!

 

 

まぁ、

なので私からは

『基本』から、私が実感を得ることが
出来た『私なりの方法』までを
ご紹介していけたらと思うわっ。

 

読んで知って実践してもらって、

みなさんも最終的には
『自分にピッタリな自分なりのやり方』に
進化させたりしていくのも良いと思うわよ!

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、、

 

ではお待たせしました!

いよいよ方法についてお話するわっ。

 

 

まずはその

 

今日お話するコレは
まさに“基本”お話なのだけど

 

 

ずばり、『言葉を使う』

 

 

イメージ的にはそうね、
「言葉を使って自己暗示をかける」
ような感じかしら?

あくまで分かりやすくイメージして
もらう為の表面的な“例えの言い回し”で、

実際に行っている作業はというと
(まぁこれもイメージの話だけど!)
潜在意識に、「新しいセルフイメージ」の
刷り込み作業をしていく、

ってわけ!

 

 

じゃあ具体的にどうやるの?
って話よねっ。

 

 

では前回の
“成績が悪い勉強が苦手な生徒の例”
でお話してみるわ!

 

その生徒が「成績優秀な生徒」
なるために、

現実が変わるより先に
自己のセルフイメージ
「成績優秀な生徒である自分」に
書き換えるってわけね!

 

その為にどのように
言葉を使うのかっていうと、

 

まぁ簡単に言うと、

"自分自身に言い聞かせる"のよ。
ただし、心からね!

 

大切なポイントがいくつか
あるのだけど、

とりあえず言葉の例を挙げてみるわ。

 

 

「私は頭がよく、テストで良い点数を
取れて当たり前の人間である」

「私は勉強が好き!授業を聞いているのも
自宅で勉強するのも、とても楽しい!」

「テストでいつも良い点数を取れている
自分を、誇らしく感じているっ」

 

 

こんな感じの『言葉』を使うの。

 

 

声に出して言うことも大切だけど、

心の声で、自分自身に日頃から
なるべく沢山言ってあげることが大切よ。

 

 

今の段階では まだ

「はぁ???そんなんで変われたら苦労は
しねーよっ!
そんなんで変われるわけないじゃんッ!!」

 

って感じよね?

 

 

まぁまぁそう焦らずにっ!

 

どういう事か??っていうコトと、
"大切なポイント"について
お話していくわね!

 

この「どういうことか?」について、

まずは仕組みをしっかり理解して
もらえなければ、

いくら方法やそのポイントについて
お話しても、
有効に作用させてあげることは
出来ないからね!

 

しっかり付いて来て、
理解してちょうだいっ!

 

 

 

まず、前回のブログで

 

『“自分が心から、
潜在意識下レベルで信じている
セルフイメージ”に、

「自分の無意識」は忠実

 

『自身の潜在意識に忠実に、

自身の無意識が(現状維持システムくんが)

それに相応しい行動をさせようとする

 

 

そんなお話をしたわよね?

 

では、

そのセルフイメージっていうのは、
普段どのように自身の潜在意識に染み込み
固まっていっていると思う?

 

あなたの現在のセルフイメージは
どんなモノ?
そしてそれは いつどのようにして
作られたの??

 

 

私たちはね、

音にならない無意識の言葉で、
常に自分の中で言葉を発しているの。

 

明確に「自分は今こう考えている」
「心の中で私は今こう言った」
なんていう認識は無くてもねっ!

 

 

例えば上の成績が悪い生徒の例で言うと、

普段の心の中の音にならない言葉
どんなものかというと、

 

「ああやっぱり今回も点数悪かった。
勉強してないから当たり前だけど」

「テスト前だし勉強するか…?
でも面倒くさいなぁ…」

「授業はやく終わらないかなぁ」

「ああ~勉強なんてつまらない」

 

こんな感じの音にならない言葉を、
日頃から常に、無意識に
自分自身に発しているのよ。

 

 

それが蓄積されて行くことによって
潜在意識の中で

『勉強は苦手だし好きじゃない。

テストで良い点取ってみたいと
思いながらも、

勉強しないので
いつも悪い点を取ってしまう。それが自分』

こんなセルフイメージがどんどん
固まって行く!

ってわけ。

 

 

“歳をとった人”のことを
誰かがこんな風に言っているのを
聞いたことない?

「あの人はホント頑固者!
だけどあの歳まで行ったら、
もう性格は変わらない変えられないよね」

こんな感じのこと。

 

確かに年齢を重ねるほど
「性格を変えるのは難しい」
言われているわ。

 

だけど要はこれって、

年月をかけた分だけ
『音にならない言葉の蓄積』で
セルフイメージが強固に固まっているから

ってわけなのよ。

 

 

なんだか難しく感じている人も
いるかしら??

 

 

前回
『潜在意識に、無意識は忠実』
とお話したけど、

今回の言葉のお話で言うと

『無意識(の言葉)に、潜在意識は忠実』

とも言えるわね。

 

要はこの2つはとても密接な関係である
ことは間違いないわよね。

 

 

この2つの関係を解りやすく
車の運転で例えてみると、

 

免許取りたての頃はビクビクしながら
精神力を100使って運転していた人も、

慣れてくると10くらいの精神力で
運転出来るようになる。

 

この状況は、例えるなら

『“運転という動作”が

繰り返し行うことで
潜在意識に落とし込まれたので、

無意識(オート)で出来るようになった

そんなイメージよ!

 

だけど たまたま、

免許取り立ての頃に事故を起こして
しまったとするわ。

そして

「怖い…また事故起こしたらどうしよう」
「私って注意力散漫だもんな」
「やっぱり運転向いていないのかもな」

そんな音にならない言葉
無意識に繰り返していたとすると、

だんだんそれが潜在意識に
染み込み落とし込まれ、

セルフイメージがそのように形成
されていくわよね。

 

すると、

『どんどん運転が下手になってくる』
『運転するのが怖くてやめてしまう』
『本当にまた事故をおこしてしまう』

 

なんて こんな感じの、

セルフイメージに合った行動や
思考パターンに、

無意識(オート)が持って行くの。

 

無意識潜在意識、
そしてセルフイメージ
関係性はこんな感じっ。

 

 

ということで、

セルフイメージを変えたい!

意識的に、意図的に
「潜在意識に新たなセルフイメージを
落とし込みたい!」

と考えるならば、

 

普段の無意識の
『音にならない言葉』を
意識的に変えていく必要がある

 

ってわけっ!

 

 

だけど

無意識=オート(自動)

だから、

あなたが意識していない、
自覚していない時にも

無意識は『音にならない言葉』を
ツイートしまくっているわけ!

これを読んでくれている今もそうよ!

あなたの無意識は感想や思い、感情を
『音にならない言葉』でツイート
しているはず。

 

この“オートのつぶやき”に、
“意識的なつぶやき”勝たなければ
いけないわ!

 

それが出来なければ
上書きして塗り替えることは
出来ないわ!

 

 

うーん、長くなって来ちゃったわね!

一旦切るわ!

 

「自分を変えたい」と感じている人に
とっては、

本当にとっても大切な価値あるお話よ。

 

せっかく私のブログを読んでくれている
あなたには、
ちゃんと伝えたい。

ちゃんと理解してもらえるように、
出来る限り伝えたいのよ。

 

ってことで続きます!

ポチッとお願いいたします♪

女の本音・女心ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

ブログ内のイラストがLINEスタンプで使えるよ♥
↓↓↓コチラからショップをチェックしてね♥
LINEスタンプ販売中
LINEスタンプ販売中




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください