結婚前にテンション下がっちゃってる男。その2~センスが悪くて損するってどーゆーこと!??~




いやぁ…前回はずいぶんな長文になっちゃっ
て。
不思議なことに、こうして改めて文にしてると
新たな発見とか気付きがあったりして。
そんでどんどん長くなってっちゃうっていう(笑)

なるべくコンパクトにまとめられるように、
気をつけつつ頑張ります!

 

てことでっ、それでは前回の続きいきます!

と言いたいところだけど、大木さんのことを
あれこれ偉そうに語る前に、自分のことを
言っておきますね。

 

私の心の中には、ピンポン玉くらいの漆黒の
玉があります。

 

カウンセラーの師である先生からは、
「綾乃はピュアブラック」との
異名(?)をいただきました。

 

どういうことかと言うと、

その漆黒の玉で、しょっちゅう、嬉々として
興味を持った他人のことを毒舌分析したり
毒舌ツッコミいれたりしている。

心の中だけで。

 

うわぁ…。あはは…。

 

しかも自分自身への理想像は高く、ムダなプ
ライドも捨てきれないため、現実とのギャッ
プに常に不満を持っていて、心の中で、

あー!もーこんなのやだー!!と
鬱々としたり駄々をこねているバカ女なのに、

そんな自分は棚に上げ、…いや。そんな自分
からの現実逃避や、へたすりゃ八つ当たりか
もしれない!(←いま気付いた)が、

とにかく「趣味、人間毒舌分析」ですか?
って感じで人様のことをあーでもねーこーでも
ねーと考え、自分の中で納得できる答えを見つ
けては悦に入ってる。

 

質ワル~~~~。

 

玉の例えのイメージが分かりづらいだろうか。

例えばやり手の社長で、常々ビジネスへの
アンテナを立てている人がいるとして。

ビジネス脳が常にどんな時でも心の中に存在
するおかげで、些細なキッカケですごいアイ
ディアがおもいついたり。

それが青い玉が常にある人だとして。

 

オバケがみえる霊能者は、他の人には無い、
紫の玉を、常に心の中にもってるとかだとし
て。

 

そんで私は、漆黒の玉(笑)

 

もっかい言っとく。

質わるーーーーーー。

 

でも興味わいちゃうんだもん!!

 

なんで??どうしてこの人はこうなのか??

今の言動の裏にはホントはどんな思いがある
のか??

 

考えずにはいられないのよ!!

 

でもこんなこと現実世界で誰彼かまわず嬉々
として発表してたらドン引きされちゃうじゃ
ん!
「お前は何様だ。」
「自分のこと棚に上げてんじゃねーよ」って。

自分でも時々ツッコむもん、自分に。
時々ね(笑)

 

だからこの場では、
自分のことは棚に上げに上げまくって!私の
漆黒の玉の発表の場にさせてもらおうと思っ
てます。

それを読んでくれた人が、

面白がったり、何かの役にでも立ててくれた
なら、この上なく嬉しい、っつって。

 

さてゴメンナサイ!
自分語りが早速長くなってしまいましたが、
本編いきましょう!

 

 

センスが悪くてしょっちゅう女性をイラつか
せてしまう大木さん。

そんな大木さんのエピソードを引き続き紹介
していきます。

 

当時の私たちと一緒にイラつくも良しっ。
己のレベルアップの肥やしにしてくれるも良し!

ではまいります!

 

 

~お誘い受けたときの大木氏の不可解な返し編~

 

すみれでは、常連さんのお誕生会を毎月の
ようにママさんが開いてくれる。
その月はお誕生日の常連さんが3人。新参の
大木さんがそのうちの1人だった。

 

「大木さん!〇日に△△さん達と合同でお誕
生会やろうって話になってるよ!来られます
よね!?」
お店のバイトの杏ちゃんが声をかけると、

 

「…」
ちょっとにやけ笑いをしてるような、決めか
ねているのか、何とも言い難い表情で黙って
る大木氏。

 

「え?なんでだまってるの?来ますよね?」

 

「…いやぁ~~。自分は行けないかなっ」
やや俯きながら、なぜかちょっとニヤニヤし
てる大木氏。

 

「都合悪いの?また出張とかですか?」

 

「ううん」

 

「??え?じゃあ他に約束とか?なんか用事
あるの?」

 

「ううんっ。」「多分その日は、家で1人で膝を抱
えてるかなっ」

 

「は?」

 

「1人寂しくこうして!泣きながらっ」
膝を抱えるように小さくなる動作をしてる大
木氏。

 

「え??じゃあ来たらいいじゃん」

 

「ううん!来ません。」

 

「…??よくわかんないけど、ホントは都合悪
いんだ?」

 

「ううんっ」

 

 

もーーーーーーーー。

 

どーー!!??

よくわからないでしょ!??

 

何なんだお前は!何がしたい!はっきり言え!

って!

 

だいぶ経ってからだけど、この時を振り返っ
た杏ちゃんの言葉。

「何だったんだろうあれ!?イライラしちゃ
った!
お願いだから来てくださいよ~~!!!(ハート)
とでも言って欲しかったんですかねぇ!?」

って。

なるほど、、、そうかもしれない。
だとしたら所謂かまってちゃん、てやつか?

 

いや全然可愛くないから!!!

愛嬌の無いオジサンのかまってちゃんとか!
めんどくさい以外の何ものでもないから!!

 

大木さんの厄介なのは、決して誰かを悪く言
ったりするわけでもないし、傷付けたりして
嫌われちゃうわけじゃないってこと。

むしろお店に1人でやって来て、常連さん達で
とても盛り上がっていても、自分から入って
いくこともせず、1人でスマホをいじってる
タイプだ。基本は。害はない。

 

なんせ暗幕かぶり系男子(命名)だし。

 

まれに、酔っているのか最初からやたらテン
ションが高く、杏ちゃんや顔なじみの私に絡
んでくることもある。そーゆう時は笑えない
寒いギャグなどKY大発揮なので面倒くさい(笑)

 

だけど、人の悪口や自慢話を大きな声でしゃ
べり続けて周りの雰囲気を悪くするような、
いわゆる、分かりやすい「いやなヤツ」では
ない。

 

だからこの頃はまだ、女性陣も声を大にして
大木さんのことを悪くいう人はいなかった気
がする。

 

私自身、

なんでこんなに大木さんと対峙すると不快感
持っちゃうんだろ??
べつにヒドイ事言われたり意地悪されたわけ
でもないのに…!

見た目や話し方が気持ち悪いとか、、偉そう
でムカつくとか、、
べつにそーゆーわけでもないのに…!!
なんで???

 

て、、自分でも謎だったし、

 

私が器も心もちっちゃい女だからか…?
他の人には言えん!!

 

と…、

大木さんへの理解できない不快感をひた隠し
たまま過ごしていた。

 

だけど今思えばこの頃あたりからだんだんと、
似たような感覚がう~っすら、関わった女性
たちの深層意識にたまってきてた感じかと思う。

 

だけど大抵は、
「ま、べつにどーでもいいわ。害はないし」
っていう無関心から、わざわざ口にはしなかっ
た。

 

中には私みたいに、

べつに何かされたわけでもないのに悪く言う
なんて、私のが悪く思われちゃう!
てか、大人としてない!

的な思いで言わなかった人もいるかもしれない
けど。。。

それは今となっては分からないなぁ。

 

というか、
白状するわ。
認めないわけにはいかなそう。

 

わたしは他の人よりもだいぶ初期から、大木
さんに関心があったみたい!

あの初対面から、違和感ともいえる不快感持った
あの時から、私の漆黒の玉アンテナにビンビンに
引っかかっちゃったのよ大木さん!!

 

愛の反対は無関心なんて言葉があるけど、
ネガティブなモノとはいえ、関心ありまくり
なのよ大木さん!!

なんで!?

ある種の同族嫌悪的なモノだろうか。ほら、
前回書いたけど私も元、暗幕かぶり系女子だ
し!
今だって人見知り治っちゃいないし!

 

そうかもね。まぁそれはいいとして、

この頃の周りの女性陣はというと、

 

せいぜい杏ちゃんが「ちょっと苦手」と言っ
てて、

それに対してママが
「会員制って書いてあるところに1人で来た
し、ちょっと変わってるかもね~」と言って
たくらいかな。

2人はお仕事だから、関わらなければ気にな
らないし~、てわけには行かないしねぇ。

 

このあともお誕生会までの間に何度か来たも
のの、杏ちゃんやママのお誘いや確認に対し
て、同じようなはっきりせん返しを繰り返し
たらしくて。

合同のお祝いケーキに名前を入れていいもの
か…とか、
プレゼントは用意していいものか…とか、
少々ご面倒をかけたみたい。

 

しかしそんなことはつゆ知らず、
無自覚のうちに着実に、
じわりじわりと女性陣からの好感度が下がって
いってしまった大木さん。

 

せっかく誘ってくれたのに、あの不可解かつ
変な返しは何だったの??

 

未確定とはいえ、私なりの答えを出さない訳
にはいかんぜよ。

 

ってことで。

いま思うに大木さんのなかでは、小さな葛藤
があったのかもしれない。

 

ほんとは行きたいな~。自分もみんなと楽しく
やりたいな~。
と、まずは純粋に嬉しい気持ちがあったのでは
ないかと思う。

 

でも人の輪の中に馴染むのが、自分は苦手だと
自覚している大木さん。

この自覚に関しては、由紀さん(現、大木さ
んの彼女。ちなみにこの時はまだ由紀さんは
すみれに来たことがない)から後々、本人が
言っていたと聞いた話だ。

 

みんなの中にうまく馴染む自信が無いし。
それに自分は新参者だし。一緒に入るのは悪
いかな~。

遠慮したい。

でもちょっと行きたい。

 

大体そんな感情で揺れたのではないかと思う。

 

前回書いた、私との初対面のエピソードを
覚えているでしょうかね。

飲み屋さんでは、自分の素性は名前すら明か
さないスタンスでやって来た大木さん。

 

思うに、今まで飲み屋さんではこのスタンス
が当たり前としてきた大木さんにとって、

お店やそこのお客さんたちと、自分の誕生会
をやるなんて初めてのことだし、
考えてもいなかった事かもしれない。

 

こう書くととーーーっても人間味ある感情だ
よね。
わたしも書いててびっくりしちゃった!

 

でも暗幕かぶり系男子の大木さんは、それを
表現したり伝えるセンスがひじょ~~に悪い
わけなんです。

それに閉ざしてることがある意味上手くなり
すぎたのか、
表情にもほとんど出ないんだコレが。

 

余談だけど「顔に出やすい人」って、性別年齢
関係なく、なんか可愛いと思わないでしょうか。

「正直w」「ぜったい良い人そうw」って。

安心感があるってことかな。愛されキャラに
なりやすい。これも一種の愛嬌かもね。

 

んで、
真逆の大木氏!

こんなに人間味あふれる感情なのに。

これが恋愛漫画か映画のヒーロー役の少年
とかだったなら、そのひねっぷりも、不器用
さも、多くの女性の母性をくすぐったかもし
れないな!

 

だけど大木さんの暗幕は、、、
この時点では損しかなーーーーーい!!

 

「嬉しいけど…、俺なんて新参者だから悪い
よ!ほんとに何か申し訳なくなっちゃうから
さ。やめとくわ!」

「いや用事とかじゃないけど。…。
いい!いい!やっぱ悪いよ!俺にはまだ早い
でしょ!(笑)
来年まだ出禁になってなかったら(笑)、その
時は参加させてもらうよ!」

 

みたいな感じだったらさ。どう?

正直な気持ちを入れながら伝えてくれるだけ
で、全然好感度は高い。と思うんだけどな、
私は。

 

さて、冒頭の反省はどこへやら。
すっかり長くなっちまったぜ。

 

次回予告。
この後、大木さんは大きな失態を犯してしま
います。
それにより周囲の女性陣が…!?

その次にやっと、由紀さんとのことが書けそ
うな感じかな。

 

第2話まとめ!

 

違和感や不快感を覚えてしまうほど、解りづ
らい大木さん!

相手に怪訝な顔をさせてしまうほど、不可解
な言動。

だけど奥に潜む本音や思いは、とても人間味
あふれるモノ。

 

伝え方1つ、ちがうだけで、
相手への印象がまるでちがう。

センスだかアンテナがにぶってると、相手を
不愉快にしていることにも気付けない。

気をつけようっと!汗

 

あと、私は漆黒の玉をもっている(笑)

以上!

次回につづく。

ポチッとお願いいたします♪

女の本音・女心ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

ブログ内のイラストがLINEスタンプで使えるよ♥
↓↓↓コチラからショップをチェックしてね♥
LINEスタンプ販売中
LINEスタンプ販売中




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください