【対人関係の魔法】「自分はいまいち人に好かれない…」そう感じているあなたへ




こんにちは、櫻です🌸

 

誰だって本当は
「好かれる人」になりたいものですよね。

 

しかし、今回は先ず
「好かれない人」について考えてみることにしました。

 

好かれない人とは、どんな人なのか?

あなたは本当に好かれない人なのか?

もしそうならナゼ好かれないのか?

『答え』は、意外とシンプルかもしれませんよ^^

 

好かれない人の特徴とは?

まずは巷で言われる『嫌われる人の特徴』を集めてみました。

・人の話をすぐ否定する ・人の話を聞かない ・自分の話ばかりする  

・上から目線  ・自慢話が多い ・謝らない、感謝をしない

・不愛想  ・他人をコントロールしようとする  ・被害者意識が強い

・嘘つき  ・店員に偉そうな態度  ・気分屋 ・いいとこどりしようとする

・自分勝手  ・不潔  ・他人に批判的である ・感情的  

・自分の非を認めない ・陰口が多い ・八方美人  ・ネガティブ発言が多い

うーん、いかがでしょうか?

ざっくり言うと、

これらの根っこにある共通点は
『自分を優先する人』『他人への愛がない人』
という感じ…ではないでしょうか?

 

しかしこれらは「嫌われる特徴」なので
きっと好かれない特徴」よりも露骨な現れだと思うんです。

直接、”不愉快な気分にさせられる”など、
上の全ては他人に不利益を与える態度です。

しかし”嫌われる”ではなく
あくまで「好かれない原因」の場合、

こんなに明快に他人に不利益を与えている態度とは限らないと思うのです。

 

もしあなたが上の表の中に
当てはまるモノがあると思ったなら、ただちに直した方が良いとは思いますが、

「ほとんど当てはまらなかった」という人も
少なくないのではないでしょうか?

 

当てはまらなかったのに、なぜ好かれないのか?

その答えは“表れ方の違い”だと思うのです。

 

陰タイプ陽タイプ

・『自分を優先する人』
『他人への愛がない人』

ようは根本に在るものは同じこの2つなのですが、

その表れ方タイプが違うという話なのです。

 

陰と陽ときくと「陽」は明るく良いイメージがあるかもしれませんが、
今回はそうでもありません^^;(いわゆる陰キャ陽キャの話ではありません)

の人は「我を通したい」思いが強く、自分を押し付けてしまう人です。

こういう人は「他人に不利益を与える人」になりがち^^;、
しかもその根っこに他人への愛が無いとくれば、「嫌われる人」の可能性大です💦

 

一方の人は、
「我を通す」よりも「嫌われたくはない」という思いの方が強いので、
あからさまに自分を押し付けて反感を買うといったことは、あまりありません。

 

要するに、の人は『自信がない人』なのです。

自分自身を好きになれず、同時に他人への愛も足りないので、
時々ふと無意志に「嫌われないための配慮」よりも「今の自分の気分」を優先してしまいます。

たとえば“酔った時”や、ミスをして“余裕を失くした時”など、
普段は嫌われないようにと押さえている「我の主張」や「ネガティブ感情」を
駄々洩れにしてしまうことがあります。

 

このタイプの人こそ、
「普段は別に害はないけど…、あんまり好きじゃないんだよね」

といわれてしまう

『好かれない人』ではないかと思うのです。

 

私も元「陰タイプ」

私も実は過去に、

極端に自信を失くし自分がキライになってしまった苦しい数年間がありました。

その頃は「他人と接する」ことも苦痛でしたし、
「嫌われたくない」という思いも強かったですね。

 

そして今思うと「他人への愛」がまったく足りていませんでした💔

「愛がない」どころか、自分のことしか見えていなかったのだと思います。

 

誰かに何かを『与えよう』という意識は全くなく
『与えてもらう』ことばかりを望んでいたように思います。。💧

 

今振り返ると正に
『自分を優先する人』『他人への愛がない人』
だったなぁ…💧と思うのですが、

 

厄介なのは
振り返るからこそ分かることであって、

当時は悪気もありませんでした。

当然です!
だって「自分しか見えていない」のですから^^;

 

 

「こんな自分はイヤだなぁ。変わりたいなぁ」
と思ってはいても、

『他人への愛が足りない』なんて、
あの頃
自分の力だけで気付くことは難しかった(ていうかムリ)でしょうね。

 

 

教えてあげたとしても、きっとこう言うでしょう。

 

自分への愛もないのに、他人へ与えるなんて無理

まずは自分が満たされてこそ余力が生まれるモノでしょう?」

 

今となっては、半分正解半分間違いだと思います^^

 

「好かれない」から抜け出す魔法

 

では自分への愛や自信を失くしている人が、
他人への愛を持ち、「与える人」に成るにはどうしたら良いのか?

 

『自分を優先する人』『他人への愛がない人』
抜け出すにはどうしたら良いのか?

 

 

答えは

✨『与えられる自分に成りたい』✨

と、考えることです。

 

 

「は…?」

と思った方もいるかと思いますが、^^;

そもそも自分に愛も自信もない状態で、

いきなり「他人に愛を持つ」とか
「他人に何かを与える、有益な人になる」とか言われても
ムリな話です。

 

だけど、

同じ「変わりたい」という思いでも

“「自分が満たされたい」という思い

まだ全然リアリティーは持てないにしろ
「誰かに与えてあげられる自分に成りたい」という思い

まったく別次元に通じる別の鍵となるのです。

現実的にいきなりそのように変わることは出来なくても、

この思いはのループを抜け出すと成ります。

 

自覚、意識、そして変化

自覚(気付き)→意識(実践)→『変化(成長)』

変わって行くためには上のような順を辿ります。

 

ここまで読んでくださったあなたに今一度伺いますが、

あなたは本当に「好かれない人」でしょうか?

 

過去の私とは違って、

あなたは「他人への愛」を本当は持っているのに
余裕を失くして
自分を優先する態度を取ってしまっていただけかもしれません。

そうなら、『態度』を改める努力をすれば良いだけです^^✨

持っている愛をもう一度見つめ直してあげてください。

 

 

「いや、自分は多分 愛が足りないと思う」
「”好かれない人”だと思う」

というあなたには、

 

今回のブログをぜひ
「自覚」「意識」へのキッカケにして頂ければ嬉しいです。

 

 

気付けたなら、

意識していきましょう^^

 

「人に与えられる自分に成りたい」と心から願い続けてください。

 

 

その先にきっと、変化があります♡。゜✨

私もそうでしたから^^✨

 

ポチッとお願いいたします♪

女の本音・女心ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

ブログ内のイラストがLINEスタンプで使えるよ♥
↓↓↓コチラからショップをチェックしてね♥
LINEスタンプ販売中
LINEスタンプ販売中




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください