「変わりたいのに、変われない…」その原因と秘密。(結婚前なのにテンション下がっちゃってる男。その8・必読!序章)




 

私たちの中で、
今の自分の現状に満足出来ている人は
どれくらいいるだろうか?

 

あなたは満足できていますか?

 

自分の性格。

自分の環境。

自分の状態。

 

何のことだっていいけど。

 

本音では、
何か”変えたい”と思ってることが
あるのではないですか?

 

私もある。

だけどね、

変えるのって、
とてもエネルギーがいることなんです。

 

あのね、

遠い昔から生物は、
生き残り、子孫を残し、種族を未来へと
繋げてきたわけじゃないですか。

実はそのためにね、

人間だけじゃなく生物はみんな、

 

あるプログラムがされているの。

 

大木さんの成長を語る上で、このプログラム
の説明なくして話を進めることは出来ないし、

『結婚前なのにテンション下がっちゃってる男』
を読んでいない人にも、是非知ってもらいたい
プログラムだ。

 

むしろ今までの記事を読んでいないのに
この記事に辿り着いたという人は、

もはや導かれて来たのでは?
と思っちゃうよ。

それくらい、私が初めて知った時には
”目からウロコ!”だったプログラムなの。

 

どんなモノかというと、

 

過去から続いている、
現状の自分を、維持しようとさせるプログラム

 

「過去の失敗体験を大切にインプット
活かしながら、
今日まで無事に生きてこられた」、
という”生物としての自分”を、

これからも“生かし続けるため”に組み込まれた、
大切なプログラム。

 

そうだなぁ。

たとえばお魚の例でいうと、

大きな魚に食われそうになって、
命からがら逃げのびた。”

っていう恐怖体験は
失敗体験』として深く刻まれながらも、

 

決して、過去から今まで当たり前にいる
海の中(現状)を出て、陸に上がろうとは
思わない。

死んじゃうものね。

 

失敗は活かすためインプットされつつも、
新しい環境や変化は望まない

簡単にいえばこーゆーことだ。

 

しかし現代人は(少なくとも日本では)
普通に暮らしていて、命の危機にさらされる
ことなんてほとんど無いんだけど、

だけど遠い昔々の人類の祖先から変わることなく、
生物として、私たちにも組み込まれている
プログラムなの。

 

幸せな感情よりも、
ネガティブな体験、感情の方が強烈に
インプットされてしまうのも
このためだ。

トラウマってやつ。

 

生き残り続けるために、
活かすべき『失敗体験』としてね。

 

そうして、

『大小様々な多くの失敗体験を深~く刻みながら
今日まで生きてきた私』、
という現状

維持していこう、とさせるプログラムって
いうわけ。

 

 

さらに分かりやすく例を使って話そう。

 

たとえば小学生のころ、
クラスメイトの前で、一人一人発表しなければ
いけない授業があったとして。

桜子ちゃんは、初めての事で緊張のあまり、
教壇に立った途端のお漏らしをしてしまい…。

もちろん、すごーくからかわれるし、
きっとあまりの恥ずかしさで泣いたよね。

 

そんな失敗体験はトラウマとなり、
桜子ちゃんの脳裏に深ーーく刻まれ。

そしてそのトラウマが元となり、
中学、高校、大学…
そして大人になった今でも、桜子さんは
人前に出て何かを話すことがとても苦手だ。

 

会社の会議で意見を言わねばならぬ時など、
足も声も、他人が見て分かるほどに震えて
しまう。

こんな自分が恥ずかしくて情けなくて…。

もちろん桜子さんは「変わりたい」と
願っているだろうね!

 

だけど例のプログラムは彼女にどう働くか?

中学、高校…と、
何か似たような、人前で話さなければいけない
状況になるたびに、
小学生の時のトラウマを思い出させるの。

『失敗体験』だから。

お魚だったら、また大きな魚に食べられて
今度こそ死んでしまう危険があるから。

 

「いやっ、魚とちげーしっ!人前で話したって
死なないからっっ」
と思うかもしれないけど、

そんな詳細な判断ができるプログラムじゃ
ないのよ。

 

失敗体験=危険

なのよ。
このプログラムくんにとっては。

 

‷「危険!危険!

警戒せよーーーー!!!」‴

 

って、プログラムくんは良かれと思って
警報を鳴らすの。

 

そしてそんな精神状況では
中学、高校…でも
上手く発表出来るはずもなく…。

『失敗体験』、トラウマはさらに重なり、
苦手意識強固なモノにしていく。

 

悪循環、ハンパなーーーい!!!

 

しかし例のプログラムくんは、

 

「そうそう!桜子さんにとって、人前で発表
することは、やっぱり危険で良くないこと!

出来る限り近づかせないようにしなくちゃ!

失敗体験(トラウマ)』をフラッシュバック
させまくって、たくさん警報鳴らさなくちゃ!

危険だからね!
これからも「怖い」「苦手」だと思っている
現状の桜子さんを、維持させ続けなくっちゃ!」

 

俺が守ってやってるぜ!!

といわんばかりに、使命に燃えまくりで
頑張ってくれているプログラムくん。

 

おーーーーーい!!!!

ありがた迷惑とはこのことだぜっ!!!!

 

私たちを「守るために」というつもりで、
こんなにもプログラムくんが頑張ってくれて
いるんだもん。

 

ね!

そりゃ現状を変えるなんて、大変だよ!!
エネルギーめっちゃいるわ!!
って思うでしょ?

 

まぁプログラムくんのことは責めないで
やっておくれ。

ありがた迷惑ばかりじゃないのよ。

私たちが『幸せ』だと感じている部分の
現状』も、
同じく維持しようと、守って頑張ってくれて
いるのだから。

 

じゃあ変わるためには、
どうしたら良いのさっ?

って思うでしょうが、

方法についての話は、今はしません。
ゴメンよ!

まぁ今後の大木さんの話に出ても来るだろうし。

また別の機会にもゆっくりお話するつもりです。

 

しかしまず、

思い出したくない過去のフラッシュバック
毎度、気持ちが沈むことも、

 

「変えたい、変わりたい」と感じながらも

「そんなの無理だ」と
当たり前のように信じ、決めつけている
その思考回路も、

 

このプログラムの働きなのだ!!
理解することが重要なのです。

 

 

さて、

 

我らが(笑)暗幕かぶり系男子の大木さん。

 

のちに由紀さんに
「自分は人付き合いが苦手だ」と
話したくらいだから、

きっと「変わりたい」という
願いを抱えながらも、

変わることが出来ず、
むしろどんどん苦手意識を増しながら、
そんな自分を時に責め、生きてきたことでしょう。

 

きっと大木さんのプログラムくんは
大木さんのために一生懸命、

‷そうそう!
これからも暗幕を被り続けていこうね!
他者の鏡を覗くのはとても怖いことなん
だからね!

また傷ついてイヤな思いするなんて
危険だから!!!‴

 

そう刷り込み続け、
暗幕をかぶっている大木さんの現状を、
必死で維持させようと働き続けていたわけ。

 

大木さんはプログラムの思惑どうり、
半ば諦めながらも、

だけどもう半分では、

「こんな自分から、変わりたいんだ…」

という強い願いを、
捨てられなかったのだと思う。

 

そして大木さんは、
実際に見事に、変化を手に入れたわけだ。

 

 

さーあ!

 

大木さんがプログラムくんの(愛ゆえの)妨害
にも負けず、

どのように変化を手に入れていったのか?

 

一緒に見ていきましょう!!

ポチッとお願いいたします♪

女の本音・女心ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

ブログ内のイラストがLINEスタンプで使えるよ♥
↓↓↓コチラからショップをチェックしてね♥
LINEスタンプ販売中
LINEスタンプ販売中




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください