「他人は自分の鏡」って本当?なら相手への不満は我慢するしかないの?【対人関係】




 

『他人は自分の鏡』

 

相手の気になるところは、
自分が気にしているところ。

 

よく聞く言葉だと思う人もいるかも
しれないけど、

本当にそうだな~
と思ったお話を1つするわ。

 

これは所謂「自分への戒め」の話では
ないの。むしろ逆!

自分自身が「ラク」になれる話よ。

 

 

こんな話を聞いたの。

ある女性が「自分の人生・仕事の方向性」に
ぼんやりと悩みを感じていた時。

そんな時に彼氏(自営業)と会って、
お互いの仕事をしたそう。

 

すると彼は
以前語っていた目標(ゆめ)“と
まったく違う目標を話し始めたんですって。

 

以前にも彼は
そんなことが何度かあったそう。

 

「これが最後の賭けだ!
これが上手く行かなかったら、
このプロジェクトは諦める!」

と言っていたのに、

次に会った時には別の案
相変わらずそのプロジェクトに
固執していたりだとか。

 

「え?最後の賭けとか言ってたのに。
あの覚悟は何だったの??」

みたいな。

 

 

つまり

「発言に一貫性が無い」

「優柔不断」

って感じね。

 

彼女は彼に
そんな印象を受けつつも、

『ああ…彼も私と同じで、
自分の本当の目標や方向性を見付けられて
いない決められないでいるんだ。。。』

そんな風に思ったそう。

 

 

カップルとしては
『結婚の話』も出ていた頃だったので、

「二人してこんなんじゃ不安だな。
彼も頼りがいがないな…。

せめて彼だけでも、
自分の揺るぎない信念とか目標を
持てる男になってほしいな。

付いていくのに不安だもの」

そんな風に悩んだらしいわ。

 

だけど結局、
自分自身の同じ悩みを解決出来ない彼女が、

彼に何かを言う資格はないと思って
黙っていたらしいの。

 

だけどそれからしばらくして、
ふと彼女の方の「仕事の悩み」は
晴れたんですって。

 

すると何が起きたと思う?

 

 

「彼氏の方も同時に
仕事の悩みが解決した!?」


とか
そんな偶然
もしくは魔法みたいな話じゃないんだけど!笑

 

 

 

答えはね、

彼自身は何も変わっていないのに
彼女の「彼へ対しての不安」も
晴れたのですって。

 

 

どんなふうにかって言うと、

 

何があったわけでもないのに、

ふと閃くように”気付いた”んですって。

 

「ああ、彼のブレない揺るぎない目標は
ちゃんと最初から在るんだ。
変わっていないんだ。

『私や将来の子供を
養う経済力をつけること』

それが彼の揺るぎない目標なんだ。

迷って二転三転しているのは、
その方法を”模索”しているだけなんだ」

 

そんな風に彼の現状や心境を感じ取り、
解釈できるようになったらしいの。

 

そして「彼を信じよう」という気持ちに
自然と成れたんですって。

 

 

もう一度言うけど、

彼女の中で起きた
『変化』の起承転結のあいだ

“は何も変わっていないのよ。

 

彼女は“彼女自身の悩み”が解決しただけ

『彼への悩み』まで
自然に解決してしまったの。

 

 

 

 

これってすごく面白いわ!

 

 

 

 

 

はね、

確かにきっと
『彼女の為に立派な経済力をつける』

という揺るぎない目標があったのよ。

 

だけど、
その為の「手段や方法に迷い、
方向性が定っていなかったのも事実

 

 

単純に、
彼女は自分が迷っている時には
「彼の迷い」に心の焦点が合い

 

自分の迷いが晴れた時には

彼の“迷い”の奥に在る「揺るぎない心」
発見できるようになり、

そちらに焦点向くようになったのよ。

 

 

 

 

これが『他人は自分の鏡』正体よ。

 

面白いわね。

“複数”の悩みは繋がり合っているのかもね。

 

 

あなたも もし今、
誰かに不満を感じて悩んでいるとしても、

あなたの中の一見
無関係そうな「別の悩み」解決されれば

そちらの悩みも自然に
解消されるかもしれないわね!

 

ポチッとお願いいたします♪

女の本音・女心ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

ブログ内のイラストがLINEスタンプで使えるよ♥
↓↓↓コチラからショップをチェックしてね♥
LINEスタンプ販売中
LINEスタンプ販売中




コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください